スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リウマチ闘病日記、軽い薬のうそ

私も最初はまじめに医師の言うことを聞いていました。

リウマチの治療が始まって2週間で胃をやられました。

痛み止めの薬が合わないのです。

もちろん胃薬もいっしょに飲んでいます。

医師はこの痛み止めを出す時にこう言いました。

この薬は一番軽い薬なので、安心して飲みなさい
(その時はなぜこんなことを言うのかと思いました)。

で、

今回、医師は、すぐにこう言いました、
もっと軽い薬に変えましょう。

これで、私は医者を信用しなくなりました。


うそじゃないですか。

前回が一番軽い薬じゃなかったのですか?
(私の心のつぶやき)

これがあと2回続きました。

その度に、もっと軽い薬に変更と言われました。

それでも胃の悪いのは治まりません。


ついに、私は、痛み止めは飲みませんと言いました。

すると医師は、痛み止めの薬を飲まないと、
リウマチの痛みを痛くてがまんできないよと言いました。

医師は首を縦に振ってくれません
(リウマチの痛みをがまんするのは私なのに)。


そこで、私が、針灸(針)をすることと、
リウマチの痛みをがまんできない時は、
また痛み止めを飲むと言ったら、
首を縦に振ってくれました(いいよと)。

この医院(整形外科)では、
針灸も取り扱っていました。
別料金で4000円です。


ここまででちょうど3ヶ月が過ぎていました。
12月下旬~3月末。

4月(2000年)から、リウマチの治療に針灸も併用です。
スポンサーサイト
検索フォーム
プロフィール

ひとみ

Author:ひとみ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リウマチ闘病日記
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。